【ママ起業家インタビュー】もち月りえさん:カラーセラピーSophia代表

こんにちは。
子育てママのおうち起業を応援!!
ママ起業のナビゲーター
日本コミュニケーション育児協会の滝田加奈子です。

【かがやく★先輩ママ起業家インタビュー】

カラーセラピーSophia代表 もち月りえさんをご紹介します。

http://oyaco-works.com/wp/wp-admin/post.php?post=39&action=edit

*もち月りえ*

カラーセラピスト
40代からの女性専門カラーセラピーSophia代表

 

もち月さんは、カラーセラピーサロンを開業されて約2年半。
40代の女性に向けた色からの直球アドバイスが好評です。

もち月さんの起業ストーリー、家庭での顔、将来の夢までいろいろと語っていただきました!

■きっかけは親しい友人の死。「やりたいことは今やらないと!」■

 

起業前から、もともとカラーセラピストの資格は持っていたというりえさん。
なぜカラーセラピーを勉強することになったのかをお伺いしました。

当時、人間関係に悩み、悩みを解消してくれるような本はないかと、近所の図書館へ。そこで偶然手にしたのが「オーラソーマ」の本。
オーラソーマはイギリス発祥のカラーセラピーのひとつで、たくさんのカラーボトルからその人の本質や可能性を診断するものです。
本を読んで、自分自身もカラーセラピーを体験しました。実際に体験し「これだ!」と思ったりえさん。
さっそくカラーセラピストになる勉強に取り組み、資格を取得します。

ただし、この資格取得はあくまでも自分のため。
周りの友人にやってあげる程度のことはあっても、その時はこれを仕事にしようとは思っていなかったそう。

ところが、、、思いもよらぬ出来事がりえさんを襲います。
それは親しくしていた友人の死。自分と同世代、まだまだ若い友達を失い、悲しむ気持ちと共に、他の感情も湧き出てきました。


「やりたいことは今やらないと!」

このことをきっかけに、りえさんの起業ストーリーが始まります。

■「ママみたいにはなりたくない」■

 

りえさんのご家族は、ご主人と娘さん、そしてりえさんの3人家族。
「起業前は普通の専業主婦でした」と語るりえさん。
起業に関して家族に相談したとき、家族の反対はなかったのでしょうか?

ここがりえさんらしいのですが、改まって家族会議、、、ではなく、みなで食卓を囲む夕飯の団らん時、さりげなくお話されたそう。
すでにカラーセラピストの資格を持っていたこともあり、ご主人もお嬢さんもあっさり賛成してくれたんだとか。
むしろ、当時中学3年生だったお嬢さんは「かっこいじゃん!」と喜んでくれたそうです。
というのも内心は「ママみたいな専業主婦にはなりたくない」と感じていたから。

そんなお嬢さんの将来の夢は建築家。
「世に名を馳せて死にたい!」と、後世に残る建築物を造る、そんな有名建築家になりたいそう。
お母さんのがんばる姿が刺激になっていることは間違いないですね!

 

■「ピンとこない」と無表情だった顔が笑顔に■

 

りえさんに、お仕事のやりがいについて伺いました。
りえさんのお客さまは30代~40代の人間関係に悩む女性や、やりたいことがある女性が多いそうです。
お客さまはみな、りえさんに会ってすぐは浮かない顔でも、帰る時は全員が笑顔になると言います。

中でも印象的だったあるお客さまがいます。
最初からあまり感情を顔に出さないタイプなのか、無表情なままセッションが進みました。
りえさんの言うことにもほとんど頷かなかった彼女。テーマのボトルを示しても、「自分にはピンとこない」と一言。
その後もセッションを続け、最後にもう一度気になるボトルを選んでもらうと、、、なんとそのピンとこないと言ったボトルを選んだのです。
最後にはすっきりとした様子で、笑顔になってお帰りになった姿を見て、カラーセラピストとしてのやりがいを感じたというりえさん。

この出来事で、お客さまが反応しているからといって、伝わっているとは限らない。ということを学んだそうです。

■母親は「必要なときにいる」存在■

 

起業当時は中学3年、現在高校3年生、受験生のお子さんを持つお母さんでもあるりえさん。
家庭と仕事の両立で気を付けていることなどはあるのでしょうか。

「大人でもなく子どもでもない思春期という微妙な年齢ですので、気を使うことはあります。」と話してくれました。
ただ、ベッタリと寄り添うのではなく、「必要なときにいるよ」という距離感がちょうどいいそう。
そのためにはしっかりと子どもの方を向いていること、何かあったときには子どもを優先すると決めているそうです。
特に今は受験生なので、自分にできるサポートはしてあげたいとのこと。

ちなみにご主人は家事に協力的ですか?と聞くと、「う~ん、やってくれるほうかなぁ」と首をかしげながらもにこやかに答えてくれたりえさん。
今では、仕事で悩んだときは、ご主人が一番の相談相手だとか。家庭円満も仕事を順調にこなす秘訣ですよね!

■カラーセラピーとともに歩む夢■

 

起業してよかった点は、専業主婦ではなかったような出会いがあること、またそれによって視野がグンと広がったと言います。
今後の夢はカラーセラピーをもっとメジャーにすること!そのために様々な業種とのコラボ展開も企画していくそうです。

10年後の自分は?との問いに、「今と変わらずカラーの仕事をしていると思う。また大好きなテニスも続けたい。」
そして「もち月りえ」という名前を世の中に浸透させ、カラーセラピストとして確立したいと話してくれました。

私、「アスリート系セラピストなんです」と笑うりえさん。
意味をたずねると、「痛い目にあって、身体で覚えるタイプだから」と(笑)

自分でまずはなんでもやってみる。たとえ失敗しても、その経験を糧にさらに飛躍する。
それがまたセラピストとしての仕事にも役に立っているのでしょうね。

痛みの分かるセラピスト、頼りがいあがって素敵です!

りえさん、ありがとうございました!!!

カラーセラピーSophiaのホームページ

http://www.sophia-luna.com/

 

 もち月りえさんのブログ

http://sophia-luna.net/

 

 

2012-09-22 | Posted in topics, ママ起業家先輩インタビューComments Closed 

関連記事