【ママ起業家インタビュー】坂東枝美子さん:エミノワママゴルフ代表

こんにちは。
子育てママのおうち起業を応援!!
ママ起業のナビゲーター
日本コミュニケーション育児協会の滝田加奈子です。

【かがやく★先輩ママ起業家インタビュー】

家族がもっと仲良しになる!!ファミリーゴルフのススメ
エミノワママゴルフ代表の坂東枝美子さんをご紹介します。

*坂東枝美子*
ファミリーゴルフ情報サイト運営
ファミリーゴルフイベント企画運営
エミノワママゴルフ代表

 

子どもが産まれたら、あれもできない、これもできない…。そんな風に諦めていませんか?
エミノワママゴルフの坂東枝美子さんは、そんなママたちの「できない」のタブーを打ち破ろうと、ママ+ゴルフというコンセプトで起業しました。

「ゴルフを通してママが笑顔になり家族にも新しいコミュニケーションが生まれる」をテーマに日々奮闘されています。

■「ママが子連れでもゴルフのできる環境作りを!」■

枝美子さんのお子さんは、現在3歳と0歳。二人の育児をしながらの起業は大きな決断だったに違いありません。

「乳幼児を子育て中の今だからこそ、ママでもできるを証明できるのでは?」
いつかは…と思っていた枝美子さんの背中を押してくれたには、ご主人のそんな一言だったそうです。

エミノワママゴルフさんでは、都内のゴルフレッスン場とコラボして、託児付きのレッスンやイベントを企画しています。これまでにゴルフ経験のある人はもちろんのこと、全くゴルフが初めての人でも気軽に参加できるように内容にもさまざまな工夫がされています。

ピラティスとゴルフのコラボレッスンや、お茶会、ランチ会つきレッスンやなど、ママが楽しめる企画がいっぱい^^しかも手ぶらで参加OKというのが、子連れだと荷物が多くなりがちなママにはうれしいですよね!
ゴルフに興味はあるけど、続くかわからないし…、という人にもこのプランなら最適。続きそう!と思ったら、かわいいグッズを選ぶという楽しみも味わえますね♪

 

■「一生できるスポーツだからこそ!」■

枝美子さんご自身は、お父様の影響で中学生の頃からゴルフを始めたそうです。社会人になって、ゴルフ会員権を販売する会社に就職し、仕事をする中でゴルフの楽しさに目覚めていったと言います。
ゴルフって、どんどん人の輪が広がるスポーツだし、これなら一生できる!しかも昔に比べて気軽にできる環境になってきたし。

ところが、妊娠出産を経験すると、気軽にできるどころか、かなり遠い存在になってしまったゴルフ。
「ママになってもゴルフがしたい!同じ想いのママも多いはず。」
そんな自らの体験から、託児付きゴルフレッスンを思いつきます。

 

■家族旅行でゴルフを楽しもう♪■

エミノワママゴルフが提案するのは、単にママがゴルフをするというコンセプトだけでなく、将来的には家族みんなでゴルフを楽しむというイメージ。小さい子どもがいる場合、いきなり子連れでラウンドは難しい。まずは近場の託児付きゴルフレッスンで楽しさを知ってもらい、次に子どもと一緒に親子レッスン。将来的には、年に数回の家族旅行にゴルフを組み込むというスタイルで、家族みんなでゴルフを楽しんでほしい!と枝美子さんは言います。

実際に枝美子さんのお子さんも3歳になり、最近ゴルフレッスンを開始されたそう。夢だった家族ゴルフも今や現実に。小さいころから家族で趣味を共有できるなんて、ステキですよね!!

 

■何ごともバランスが大切■

2012年5月に起業。家族に支えられて順調なスタートを切ったように見える事業ですが、それでも0歳児と3歳児を抱えてのお仕事は大変なのでは?と聞くと、
「やはり実務的なお仕事は子どもたちが寝てからですね。」とのお答えが。
「ママがゴルフを楽しむ。ママがお仕事をする。どちらにしてもバランスが大切です。」
と語ってくれました。

子どもたちが小さいうちは子どもが優先になって当然。それは我慢しているとかじゃなくて、育児も家事も仕事もそして趣味も、、、わたしの時間の中に自然なカタチで共存しているということ。子どもが成長するにつれて、そのカタチも少しずつ変わっていくのではないでしょうか。
実際に枝美子さんもお子さんの成長に合わせて事業展開できればいいと考えているそうです。そんな枝美子さんの生き方に、非常に共感を覚えました。

 

■誰もやっていないことに挑戦する難しさ■

これまで「乳幼児のママ +ゴルフ」というコンセプトで、ゴルフを楽しむという発想はありませんでした。ある意味、枝美子さんの頭にあっただけのイメージやアイディアをどう具体化するか、手探りでの挑戦が続きます。
誰もやったことのないことに挑戦するって難しい。でもあれば絶対にうれしいサービスのはず!という気持ちががんばる原動力になるのですね^^

 

■今後そして10年後の自分■

今後は、3~5年くらいかけて事業を大きくしたい。と語る枝美子さん。ママゴルファーを全国に増やして、将来的には全国のママゴルファーを集め、「エミノワカップ」を開催したいそうです。

そして10年後の自分については、仕事はずっと続けているが、自分の子どもたちと一緒にいろいろとやっている姿を想像するのだとか。たとえば、ゴルフを通して海外に行くなんていうのもいいですね!と笑顔で話してくれました^^

 

■ママだからこその道を見つけよう!■

「ママだからこそ、自分なりの道があるはずです。そして子どもたちにもママが夢をかなえる姿を見せてあげたい。」子育て中の今だからこそ、できることを見つけてほしいと語る枝美子さん。
「今はできないけど、いつかはやる」だと「やらないことに慣れてしまう」ので、何もしないのではなく、何か目標を持って、勉強しながら情報収集をするなど「行動する」ことの大切さを話してくれました。ただし、無理なく子育てと両立できる範囲でOK。

「子どもが小さいからって、何もしないのはもったいないですよ。後々子どもが手を離れたときの準備期間として、今できることをやってほしい」と語ってくれました。

確かに、産まれてすぐの赤ちゃんは当然100%のサポートが必要ですが、成長と共にそのパセンテージは減っていきます。子どもが小さいとつい自分は後回しになってしまうけど、常に社会とつながっている存在であることは大切ですよね。

「自分のことが後回しになってしまうママにこそ、ゴルフはストレス解消にピッタリ!
託児つきゴルフを、ママたちの息抜きの時間に使ってほしいです。」
なるほど、ゴルフでストレス解消ができて、なおかつ家庭円満になるのなら、わたしも始めてみようかな♪

枝美子さん、ありがとうございました!!

 

エミノワママゴルフのホームページ
http://eminowagolf.jp/

坂東枝美子さんのブログ
http://ameblo.jp/eminowagolf

2012-10-05 | Posted in ママ起業家先輩インタビューComments Closed 

関連記事